きょんきち内科の主治医に骨盤を調整してもらう

きょんきちの主治医は内科、整形、皮膚科となんでも診てくれる万能医師

kyonkichi6562

 

オステオパシーの先生から手紙をもらい、先生が海外研修から帰ってくるまで、頑張って待とうと心に決めた管理人夾吉(きょんきち)。

 

しかし、現実はそうそう甘くない。

 

クリニックが休診となった初日から問題の右足は既に引きずって歩く始末。
運悪く、連日会議予定も入っているし、家に閉じこもっているわけにもいかない。

 

そして間が悪いことに、全国的に梅雨入りだ~~
雨はまずい。
非常にまずい。
ただでさえ時間がかかる通勤が、まるで牛歩のごとく、前に進めない。

 

1日耐え

 

2日も何とか耐え

 

3日目・・・全く歩けなくなった・・・
足がまともに動かないようぅぅぅぅ

 

通えない

 

それで、仕方なく、きょんきちが連絡をしたのは、いつもかかっている内科の主治医。
月1回の診察で、膠原病の検査をしてもらっているんですが、このところ、足の具合がひどく悪いの

で、遠方の内科のクリニックまで行くのをためらって、少し通院の間が空いてしまっていました。

 

きょんきちインフルエンザで倒れる」でも書きましたが、私の主治医は在宅医療に力を入れているので、クリニックでの診療は午前のみ。午後は毎日往診に出てしまって、クリニックにはいないんです。

留守なのは知っていましたが、もうどうにも手立てがなくて、クリニックへ電話を入れて、伝言を残しました。

 

「先生、きょんきちです。歩けないんです。。。」

 

内科の主治医からの電話が入る

 

ダメ元で半ば独り言のように残した留守電でしたが、その日の夜22時前に、主治医から折り返し電話がかかってきて、症状をあれこれ聞いてもらい、応急措置のアドバイスをしてくれました。

 

きょんきちの症状は次のとおりです。

 

  • 雨になると極端に歩きにくくなって、右の腰が重い。
  • 右足がいつもに増してむくみがひどくパンパンになっている。
  • 痛みもしびれも特に感じないのに、うまく動かない。
  • 足を持ち上げたり、曲げたりする動作は普通にできる。
  • 歩きだして5mくらいは普通にあるけるが、10mを超えたあたりから動作がおかしくなる。
  • 坂道を下るのと、平坦な道を歩く時が特におかしい。
  • 階段の上り下りは普通に大丈夫。
  • 長く歩くと、踵を地面につけにくくなる。
  • 無理をして歩くと太ももの裏側がけいれんしそうになる

これに対して、主治医からのアドバイスは、次のような内容でした。

 

  • 今回の症状は、多発性筋炎が原因とは思えない(血液検査の結果は今回もすべて正常値である)。
  • 天候で極端に症状が変わるとすると、体内の水分量に何か問題があるかもしれない。
  • 水分を調整する漢方もあるが、次に来院するまでどうしても歩けなくなったら、ステロイドを多めに(1mgを5mgに増やして)飲んで様子をみてもよい。(ステロイドには体内の水分を動かす力もあるため)
  • 次の来院時にしっかり診察して、薬を処方しよう。
  • 水分調整で改善できない場合は、別の方法を考えよう。
  • 参考のためにSクリニックで撮影した9枚のレントゲンを借りてきてほしい。

なんだかんだと電話で20分近く、話を聞いてもらいました。

 

筋炎が再燃した時も、先生が自宅まで往診して点滴治療をしてくれたのですが、今回は筋炎が悪化した症状とは全く異なるので、先生も悩ましかっただろうと思います。

 

しかし、患者としては、夜分にわざわざ先生が電話をかけてくれて症状を問診してくれたり、原因がわからないなりに応急対策を支持してくれるだけでも、本当に助かります。

 

何より「それで改善しなければ、別の方法を考えよう」と言ってもらえただけで、とても安心できて、パニック陥りかけていた気持ちがスーっと楽になりました

 

腰のレントゲンをもって内科へ行く

kyonkichi654

 

一時的な様子見とはいえ、せっかく減らしたステロイドを1mgも増やしたくは無かったので、電話をもらった翌々日に仕事を抜け出して内科のクリニックへ駆け込みました。

 

そして、主治医が私のレントゲンを見て言ったのは・・・

 

主治医「骨盤ずれているね。こりゃ、歩きにくいはずだ。」
きょんきち「えっ骨盤ですか?」
Sクリニックでは「背骨の圧迫骨折と右股関節の臼蓋形成不全っていわれたんですけど・・・」
主治医「圧迫骨折?これくらい何でもないよ。それより骨盤だよ。」

 

どひゃー。

 

確かに、足がおかしくなったのは今年2回目の転倒をしてからで、その際、右足を滑らして全体重かけて尻餅をつきました。それで左の骨盤をゆがませてしまい、その後、ゆがんだ身体で無理に歩き続けたために、身体のゆがみがさらにひどくなって、右足がだんだん動きにくくなってしまったようです。

 

なるほど!骨盤かぁ!!

 

やっぱり、転んだ時におかしくなったんだ。

 

どこの病院でも、ちゃんと転倒したことは説明したのに、どうして誰も気づいてくれなかったんだろう。

 

というか、なんで内科が分かって、整形外科でこれが分からないんだ!!!

 

きょんきち「それ、整形外科で分からないんですか?このレントゲン見て」
主治医「整形じゃ、分からんかもね。基本、骨折しているか、手術が必要かって視点で見るから

 

うぬぬぬぬぬ。不条理な・・・

 

というわけで、その後、主治医に骨盤調整をしてもらって、テーピングしてもらって帰りました。

 

ちなみに私の主治医はもちろん、内科(一般内科および漢方内科)が専門です。
でも、鍼灸の心得があり、治療の一環としてホホバオイル等のキャリアオイルを使用したメディカルマッサージも行っています。

 

kyonkichi655

 

といっても、さすがに1回の治療では骨盤の位置は戻らなかったようで

 

調整した1日後には、また歩き方がおかしくなってきたので、2日空けて、2回目の骨盤調整を内科の主治医にしてもらいました。

 

繰り返しますけど、内科の主治医です。

 

しかも、骨盤調整の診察代は(たったの)250円
(骨盤調整を接骨院などでやると、高いところでは1回12,000円ほどとられます。)

 

助かるなぁ

 

筋炎の検査結果は今回も完全に正常

 

足の治療ばかりに気がいって、すっかり忘れそうになったのですが、先日ステロイドが1mgに下がった際の血液検査の結果が出ていました。

  • CPK 136、ミオグロビン30.2

kensa_data_2016-06-02

 

完全に正常。(^^)v

転倒さえしなければ、今頃、小躍りしている数値です。

 

そうこうしている間に約束の10日間が過ぎて、オステオパシーの先生がカナダから帰国しました!
留守中に内科で骨盤調整してもらった経緯を伝えて、明日からまたオステオパシーの治療を再開します。

 

主治医「近所の先生に診てもらってかまわないよ。どうしても無理だったら、また来たらいいから。」
きょんきち「はいっ!また歩けなくなったら、すぐ来ます!!」

 

ここまで良くなれたのは、酵素ドリンクとこの主治医あってだと、つくづく思うきょんきちでした。

きょんきちが体質改善のために実際に試した酵素ドリンクはこちら

当サイトに掲載している体験レポは消費税5%時点の商品価格となっています。平成26年4月1日から消費税増税に伴い、各商品価格が変わっている場合がありますので、最新の価格については各商品の公式サイトにてご確認ください。

  関連記事

人生はいつも五里霧中

でも、次の角を曲がれば、また違う視界が開けるかもしれない   GWもあっという間に最終日ですね。 今日はフランス大統領選の決選日なので、夜なべになりそうな夾吉(きょんきち)です。 それとも少 …

義理でも嬉しいホワイトデーと酵素チョコの提案

きょんきち今年は豊作のホワイトデー 管理人の夾吉(きょんきち)です。今回は、ちょっとリア充っぽいお話。 けして、モテ期到来というわけではないのですが、思いの外、数多くかつ素敵なプレゼントをもらったので …

優光泉からのサプライズプレゼントと近況報告

きょんきちも24時間戦えます!   2017年が明けてあっという間に1月が終わりますね。 今年は、元旦が日曜日だったので、正月休みが短かった上に、仕事の都合で2日から出勤しているので、全く” …

酵素ドリンクを飲みだして4年目の結果報告

酵素ドリンクはきょんきちの元気の素   気が付けばクリスマスまであと2日。今年も残すところ10日程になってしまいました。光陰矢の如し。歳を重ねるほど月日が経つのが早くなっている気がする管理人 …

きょんきちスマホを機種変更する

発売したてのiphone7に機種変更してみた   携帯電話など、メールと電話機能があれば十分とばかりに、ひたすらガラケーを使い続け、とうとう電池交換も在庫が尽きてできなくなってしまったため、 …

きょんきちポケモンハンターになる

ポケモンGOとiphoneアプリがよく落ちる場合の対策   春先から右足が不自由になってしまった管理人夾吉(きょんきち)は、通勤で梅田駅からオフィスへの移動が普段の倍(20分が40分)かかる …

神経伝導速度検査の結果報告

神経伝導速度検査の結果を聞きに再受診 前回のブログで神経伝導速度検査を受けたところまで書きました。⇒きょんきち神経伝導速度検査をする 整形外科には何も異常が発見できず、次に紹介さ入れた神経内科の医師に …

きょんきち神経伝導速度検査をする

内科、整形外科、接骨院、オステオパシー治療院から神経内科へ   今年の3月に右足の調子が悪くなってから、内科、整形外科、接骨院、オステオパシー治療院と色々受診しながら治療を続けている管理人夾 …