オステオパシー院長からの手紙

オステオパシー治療の経過と先生からの手紙の話

きょんきちの足が動かない

 

酵素ドリンクを飲みだして約4年(2012年の8月下旬から飲みだした)が経ち、29年間もずっと抱えてきた膠原病・多発性筋炎が奇跡的に回復しだして、完治目前となった管理人夾吉(きょんきち)。
(血液検査の結果詳細はこちらに掲載してます→「酵素ドリンクを飲みだして3年と9カ月目でとうとうプレドニンが1mgに!」)

 

もうこれで大丈夫!!と思っていたのに、春先に転倒してから右足の動きがおかしくなりだして、今や日常生活にも支障をきたす危機的状況に・・・

きょんきち歩けなくなる

 

整形外科を2か所回って、レントゲン検査をしても、特に目立った異常は無し。

「整形的に見て問題は無いから、多発性筋炎のせいで筋力が低下しているのではないかな。内科の先生に相談してみて。」(T病院の先生) と言われたり

 

「(長年服用している)ステロイドのせいで、骨がだいぶひどいね。骨粗しょう症で背骨が少し圧迫骨折している。右股関節の臼蓋形成不全も見られるから、それが原因かな。痛みがあれば注射もできるけど、痛くないなら筋力トレーニングで骨をカバーしていくしかないよ。」(Sクリニックの先生)と言われたり。

 

ほんの数M先まで歩くのに四苦八苦していて、今日・明日の通勤をどうしようかと困り果てているのに、
悠長に筋力トレーニングしてる場合か!!

 

と、頭を抱える状態でした。

 

ほんと、患部だけ見て人を見ないお医者さん多いです。

長時間待って、こんな診断結果だと、途方にくれますよ。

検査データも大事でしょうが、もう少し患者の方を診て欲しいです!!

 

という愚痴はここまでとして、困り果てたきょんきちが頼ったのは、「オステオパシー医術」でした。(ここまでが前回のお話し)

 

オステオパシー治療の特徴と注意点

 

オステオパシーとは
オステオパシー医術は、症状や疾病は自然治癒力が妨げられた「結果」であると考え、自然治癒力が正常に働かせるために、身体を作り上げている様々な器官や組織 (筋骨格系・内臓系・頭蓋仙骨系とそれらを繋ぐ筋膜と血管・神経・リンパ管)とその機能(動き・体液循環・神経伝達・内分泌などの働き)を調和させることを目的としています。

 

そのため、オステオパシー医術では症状という結果にとらわれず、自然治癒を妨げている(正常に働けていない)器官と組織を全身から見つけ出し、手技を用いて調整・矯正を加えて、 器官・組織のリズムや働きを取り戻し、自然治癒の発動を促します。
参照:日本オステオパシーメディスン協会

kyonkichi642

 

 

ちょっと分かりにくいですが、例えば腰痛で悩んでいる人がいたとしても、その原因が腰にあるとは限らないんですね。

 

人間の身体はすべてが繋がっていて、部分の問題は全体に影響を及ぼす可能性もあるんです。

 

また、別の誰かと同じような症状を抱えていたとしても、原因が同じとは限りません。

 

腰痛

個人個人の状態に合わせて、今、その人に足りていない要素を補い、自己調整能力が再び動き出すのに必要十分なきっかけを与え、 心身が自ずと然るべき状態に戻れるように根本的な問題解決へのサポートを行うのがオステオパシーです。

 

欧米諸国では広く認知されていて、発祥の地のアメリカやイギリス、オーストラリアにおいては、医療系の国家資格として認められています。オステオパシー医師はD.O.(Doctor of Osteopathy)と呼ばれ、手技だけでなく投薬や手術などの医療業務を行うことも可能です。

 

要するに、怪しい新興宗教のような民間治療ではない!←ココがポイント

 

しかし、残念ながら日本においては、整体やカイロプラティックと同様の扱いで国家資格となっていません。

 

日本では現在民間資格としてMRO(J)(Member of Registered Osteopaths (Japan))が発行されていますが、無資格でもオステオパシーの施術はできてしまうので、施術者の技術レベルは様々です。

 

オステオパシー治療を受ける場合は、必ずそのクリニック・先生の経歴や治療実績等を確認するようにしましょう!!

 

期待を込めたオステオパシー治療の結果は?

治療

 

さて、万感の期待の元、4月から丸2か月間、週4回、同じクリニックで整体治療を受けながら、オステオパシーの治療も計4回施術を受けました。

(オステオパシーの1回の施術時間は1時間程度。きょんきちの通うクリニックでは2週間くらいの間隔をあけて治療を受けます。)

 

しかし、まだ右足はスムーズに動かないまま。(涙)

少し動きがマシになったかなーと思っても数日経つとまた元通りという一進一退を繰り返してます。

 

平日は大阪・堂島にあるオフィスで仕事をしているので、夜の診療に間に合うように仕事を切り上げ、クリニックのある地元の池田まで大急ぎで戻ります。

 

普段ならオフィスから阪急梅田駅まで徒歩で20分強なんですが、足が悪くなってから倍ほどの時間がかかるので、移動が滅茶苦茶、大変。

会社を出ようとする間際に呼び止められて用事が入ったりするので、毎回、ヒヤヒヤものです。

 

必要に駆られて右足を引きずりながら猛ダッシュする方法も身に付きました。(信号が変わりそうなときとか、電車に飛び乗りたいときとか、緊急の時だけ発動する歩き方。あまり長距離をこれで行くと、後で足が攣って大変なことになる。)

 

晴れている日はまだ良いのですが、雨の日は本当に最悪。

足元が濡れて滑りやすくなるので、ますます、歩くのに時間かかっちゃうんですね~

困ったなぁ。

 

せんせい、研修行かないで~~

研修

 

2か月かかってもすっきり治らないので、「オステオパシーの治療で本当に良くなるのかな~」とさすがに不安になりかけた頃、さらなる難題が勃発。

 

6/1日から6/10日の10日間、院長が海外研修のため休診します。

 

事前に聞いていて、院内に大きく張り紙もしてあった、院長の海外研修の件。

2カ月あるから何とかなるかと思っていたけれど、いよいよ目前に迫っても、まだまだ足の症状は不安定。というか、ぶっちゃけ、まだよく動かない。

 

調子悪い時は、1日治療を空けただけで歩けなくなる始末。これで10日間も治療できないなんて、どうしよう~~

 

無理、絶対、無理だし。

まずいよ、まずい!!

 

せんせい・・・研修行かないで~~

(と、心の中では叫びつつ、5月最後の治療を終える。)

 

オステオパシーの先生からの手紙

先生からの手紙

 

クリニックが休診の間、足の具合が持つようにと祈りながら仕事に向かったものの、早速、足を引きずりながら帰宅した休診初日の夜。

 

自宅の郵便受けにオステオパシーのクリニックからの手紙が届いていました。

 

「あれ~、O先生からだ。何かなー。留守中の注意点とかかなー」と、手紙を読んでみると、そこには、直筆で、私を励ます言葉が便せんいっぱいにびっしりと書かれていました

 

  • 足がなかなか治らなくて心細い思いをしているだろうに最後の治療の時に適切な言葉をかけられなくて申し訳なく思っています。
  • 今カナダに来ているのは、オステオパシーの技術を学ぶためです。
  • これまで、きょんきちさんの身体の中のエネルギーの停滞や動かない場所を見つけて治療してきていますが、状態は徐々に改善している手ごたえを感じています
  • まだ、少し時間はかかると思うけれど、しっかり治療をさせていただくので、11日まで長いけど待っていて下さい。
  • 必ず治療に役立つ知識を得て戻ってきます。

などなど。。。

 

 

最後の日、よっぽど私が不安げに見えたんでしょうね。

しばらく休診になるので最終日のクリニックは患者さんでごった返していて、あまりゆっくり先生と会話することができませんでした。

 

それでO先生はわざわざ手紙を残してくれたんです。

 

きょんきち、号泣。

 

本当に嬉しかったです。

これは、何が何でも先生が帰ってくるまで自力で頑張らねばと、思いました。

(ちょうど月替わりだから、どこか別のクリニックを探すべきか、ほんの一瞬迷っていたことは、内緒にしておこう。(^^;)

 

今回、O先生からの手紙を読んだ時、以前、優光泉酵素の断食道場Shop北島店長から頂いたメールをふと思い出しました。

 

きょんきちが酵素ドリンクを飲みだしたのは、原因不明のふらつきを治したい一心からだったのですが、酵素ドリンクについて色々と質問をした際に、私の症状を知った北島店長が、わざわざ「ふらつき改善」に効果がある「小豆かぼちゃ」のレシピを教えてくださったんです。

 

小豆かぼちゃ

 

そういったやり取りから優光泉酵素とは長い付き合いが始まり、4年後にはとうとう膠原病完治まであと一歩というところまでたどり着くことができました。

 

きっかけは些細なことでも、後で考えると、「あれが人生の転機だった」と思えることがあります。

 

そして、それはえてして、「もうダメだ!!万事休す!!!」と、自分がどん底に感じているような苦境の時だったりします。

 

捨てる神あれば拾う神あり。

人生、何時なんどき、「拾う神」に巡り合えるかは分かりません。

 

もうダメだ。。。

と思った時が、反転のタイミングかもしれないです。

大底に着いたら、後は、上るだけですよね。

 

きょんきち

きょんきち内科の主治医に骨盤を調整してもらう」に続く

当サイトに掲載している体験レポは消費税5%時点の商品価格となっています。平成26年4月1日から消費税増税に伴い、各商品価格が変わっている場合がありますので、最新の価格については各商品の公式サイトにてご確認ください。

  関連記事

人生はいつも五里霧中

でも、次の角を曲がれば、また違う視界が開けるかもしれない   GWもあっという間に最終日ですね。 今日はフランス大統領選の決選日なので、夜なべになりそうな夾吉(きょんきち)です。 それとも少 …

義理でも嬉しいホワイトデーと酵素チョコの提案

きょんきち今年は豊作のホワイトデー 管理人の夾吉(きょんきち)です。今回は、ちょっとリア充っぽいお話。 けして、モテ期到来というわけではないのですが、思いの外、数多くかつ素敵なプレゼントをもらったので …

優光泉からのサプライズプレゼントと近況報告

きょんきちも24時間戦えます!   2017年が明けてあっという間に1月が終わりますね。 今年は、元旦が日曜日だったので、正月休みが短かった上に、仕事の都合で2日から出勤しているので、全く” …

酵素ドリンクを飲みだして4年目の結果報告

酵素ドリンクはきょんきちの元気の素   気が付けばクリスマスまであと2日。今年も残すところ10日程になってしまいました。光陰矢の如し。歳を重ねるほど月日が経つのが早くなっている気がする管理人 …

きょんきちスマホを機種変更する

発売したてのiphone7に機種変更してみた   携帯電話など、メールと電話機能があれば十分とばかりに、ひたすらガラケーを使い続け、とうとう電池交換も在庫が尽きてできなくなってしまったため、 …

きょんきちポケモンハンターになる

ポケモンGOとiphoneアプリがよく落ちる場合の対策   春先から右足が不自由になってしまった管理人夾吉(きょんきち)は、通勤で梅田駅からオフィスへの移動が普段の倍(20分が40分)かかる …

神経伝導速度検査の結果報告

神経伝導速度検査の結果を聞きに再受診 前回のブログで神経伝導速度検査を受けたところまで書きました。⇒きょんきち神経伝導速度検査をする 整形外科には何も異常が発見できず、次に紹介さ入れた神経内科の医師に …

きょんきち神経伝導速度検査をする

内科、整形外科、接骨院、オステオパシー治療院から神経内科へ   今年の3月に右足の調子が悪くなってから、内科、整形外科、接骨院、オステオパシー治療院と色々受診しながら治療を続けている管理人夾 …